浮気の慰謝料請求をする場合、証拠は絶対必要です。

浮気の証拠さえあればれば、相手との交渉を有利に進めることができます。

浮気の慰謝料請求をする場合、証拠は絶対必要です。

奥様方の「女の勘」というものにはかなり鋭いものがあるようです。
何故ご主人さんが「あやしい」と思ったのですか?・・と僕は聞くのですが、 その判断は観察力の高さに比例しているようです。
相手がいつもと違う行動に対して「あやしい」・・と思うのです。
そして、その勘の8割は当たっているようです。

相手に慰謝料請求をするには、浮気相手を特定しなければなりません。
浮気相手に慰謝料請求をしても、相手は証拠がないからといって拒絶や反論をされることもあります。

探偵に依頼して物的証拠が必要だと思いますが、決定的な証拠がなくても慰謝料請求をすることは可能です。
単に証拠として強いか弱いかの差になると思いますが可能なようです。

例えば、配偶者(夫または妻)との毎日の日記、浮気相手とのメールなどの証拠を得られれば、 それを証拠として不倫相手に慰謝料請求をすることが可能です。
これは請求が可能というだけで、実際はどうなのでしょうか・・
私でしたら何とでも反論できますが・・。

例えば、『あ〜 それね、単にメールで恋愛ごっこしてただけなんだけど。それが何か?』
『それより、人の携帯の中を見てこう騒ぎ立てる君に問題があるんじゃないの?』

また、配偶者の自白をもとに浮気相手に慰謝料請求をすることも可能ですが、 裁判になった場合、「言った」「言わない」の話になる可能性が高いと思われます。
現在もっている「証拠」が浮気の証拠になるのかならないのかは、自分で判断しないで 専門家へ相談するようにしましょう。
浮気に関するメールや写真などを発見しても、自分で勝手に証拠にならないと判断して捨てたりしたら、 せっかくの証拠もまったく意味がありません。
結果が出るまで保管してください。